気まぐれな雑記

タイトルどうりの気まぐれな雑記です、更新も内容も気まぐれです。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

アニメ版

アニメ版アルスラーン戦記が終わったので、各勢力のトップの人間を評してみる。

アルスラーン
内政:A 外交:C 軍事:A 調略:B 魅力:A
主人公、気質的には内政型だが周辺諸国の情勢が
それを許さない、パルス近辺では唯一の奴隷解放を
行った為に奴隷制を敷いている国々から危険視されている。
猜疑心や嫉妬心とは縁遠いので配下は安心して実力を
発揮できる。

アンドラゴラス三世
内政:B 外交:C 軍事:A 調略:B 魅力:B
アルスラーンの父、血縁ではないが。
息子とは違いこちらは軍事にやや偏重している、
内政への興味は薄いが、あまり口出ししていない割には
国内は荒れていないので「ちゃんとやってるなら多少私腹
肥やしてもOK」タイプな人なんだろう。
親子揃って外交下手、3カ国連合を組まれたりルシタニアの
進軍を傍観していたりと戦略的に後手に回る癖がある。
自身の武力に信を置いているので配下対しての嫉妬や猜疑心は
無さそう、実際ダリューンとナルサスが怒りを買ったのはタイミングや
態度に問題があった面が否定できない、ナルサスに関しては追放
された訳ではなく出奔だし、それを捕らえて処断しようともしていないので
「どうでもいい」と思ってるのではないだろうか。

ヒルメス
内政:C 外交:C 軍事:B 調略:B 魅力:C
器のちっちゃい人、そもそも国を治める才が無いんじゃないだろうか?
軍人としては有能なので方面軍の指揮官クラスで我慢できれば
大成できる、嫉妬心と猜疑心があり魔道師達を利用しているつもりで
利用されてたりといいところがあまり無い。
彼についてくる人材も「王家の血筋だから」「親父が仕えてたから」
「アルスラーンに人材があつまってて可愛そうだから」と本人の才覚に
言及しているものが無いのが悲しい。

ラジェンドラ二世
内政:A 外交:B 軍事:B 調略:B 魅力:A
気質が軍事寄りだが資質が内政タイプというジレンマをもつ。
国内での人気もあり頭もそこそこ切れるし気前もいい、野心を
抑える術を身に着ければかなりの名君になれる。

イノケンティス七世
内政:C 外交:C 軍事:C 調略:C 魅力:C
漫画、アニメではコミカルなキャラだが原作ではトンデモ君主、
内政に興味はなく軍事的思考もできず宗教に没頭、更に子供
だろうが残虐に殺害する畜生のような存在。
ギスカールがいなければおそらくルシタニアはかなり荒廃
していたんじゃないだろうか。

ギスカール
内政:B 外交:B 軍事:A 調略:A 魅力:A
ルシタニアの実質的な指導者、配下からの信頼は厚く
弱兵のルシタニア軍をまとめて凡将でも勝利できる戦略を
立てて戦っている、、不必要な殺戮を嫌っていたりと人格者でもある。
内部のゴタゴタで政敵であるボダンを体よく追放したりと個人で何でも
できてしまう有能、但し配下に恵まれないので打った手が機能しない
事もしばしばあるので結果的に失策になってしまう事もあるが、失策といえる
失策はアンドラゴラスがらみのあの一件くらいのものだろう。

アニメで出てきたキャラだとトップはこのへんまでかな?
ボダンも権力者ではあるけど、宗教家なので今回は割愛、おそらく
アニメ二期がやるだろうからその時にボダンが活躍するのであれば
その時に評してみようかな?

ギスカールが有能すぎるなと思いつつ
今回はこのへんで。
スポンサーサイト
  • [No Tag]

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://boturaku.blog94.fc2.com/tb.php/522-24d164f0

Menu

プロフィール

没落

Author:没落

最近の記事

おすすめ商品

Amazon.co.jpアソシエイト

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
  1. 無料アクセス解析